治療する | 歯科に治療や検診に定期的に行く必要性を知る

歯科に治療や検診に定期的に行く必要性を知る

医療歯医者Site

治療する

ドリル

歯科に初診で行ったとき、まず問診票に記入が必要になります。
行くときには、保険証も忘れずに持参して受付に渡しましょう。
そして、今の状態や要望を伝えます。
インプラント治療がしたいのか、虫歯が痛むのか、ホワイトニングがしたいのかといったことを伝えます。
もし悩みに対してどういった治療が適切なのか分からないときには、医師に相談しましょう。
相談して、歯科医師と一緒にどう進めていくかを確認していきます。

歯科で問診票に記入し、相談を行ったあとに、検査や診断が行われていきます。
初診のときには、治療ではなく応急処置のみになることがあります。
一旦どういった状態なのかを検査・診断してもらってから、治療方法を最終決定していきます。
検査内容として、X線写真を撮影したり、口腔内写真を撮ったりします。
また、診断のときに必要な歯の型を取ります。
検査をすることで、今の悩みだけでなく、新たな症状が見つかることもあります。

検査をして、その後治療を行っていきますが、その前に治療計画・治療費などの説明を受けます。
親知らずの歯を抜く、虫歯除去・矯正治療など、治療内容によって流れは変わってきます。
ですが、どの程度時間がかかるのか、機関が必要なのか、費用はいくらかかるのかといったことは、治療前に確認しておきましょう。
治療内容によっては、保険適用外のものもありますし、歯科によって費用も変わってきます。
その日の治療が終わったら、次の予約や会計を行っていきます。
初診の人は、そのときに診察券を受け取ってください。

↑ PAGE TOP