子供のときから | 歯科に治療や検診に定期的に行く必要性を知る

歯科に治療や検診に定期的に行く必要性を知る

医療歯医者Site

子供のときから

傷んだ歯

毎日の歯磨きは、とても大切です。
歯磨きの仕方や頻度によって、虫歯のような口腔内の悩みが出たり出なかったりします。
元々歯が強くて、虫歯にならない人もいますが、多くの人が磨き残しによって歯に異常が表れます。
歯科に訪れる年齢は、1歳からでも問題ありません。
治療ではなくて、歯の磨き方や歯並び相談などが歯科で行われます。
子供の虫歯を放置すると、成長に影響が出ます。
虫歯が痛いと、子供は食欲が落ちてしまいます。
それによって栄養が得られず、発育に差が出てきてしまうのです。

虫歯が原因で、高熱が出ることもあります。
また虫歯がひどい状態だったり、歯並びが悪かったりすると、正しい発音が出来なくなることもあり、それによって性格が内向的になる恐れもあります。
虫歯が性格にまで影響する前に、歯科に行って治療を受けましょう。
乳歯の虫歯に関しても、放置せずに治療に行ったほうがいいでしょう。
そのままにしていると、永久歯にも影響を与えてしまいます。
質や形・歯並びを悪くしたり、発音障害・体やあごの発達への影響が懸念されたりします。
初期の段階であれば、治療も簡単に行うことが出来ます。

小児歯科を行っているところを探して、早めに治療を受けさせましょう。
歯科に行くときには、待ち時間を少なくするため、まず予約を入れましょう。
そして、大人同様に現在の状態を問診票に記入します。
キッズルームが完備されている小児歯科もあるので、小さな子供も気軽に連れて行くことが出来ます。
レントゲンのような検査を行っていきます。
検査に痛みを伴うことはないので、安心して診療することが出来ます。

↑ PAGE TOP